営業時間

屋台 AM10:00〜PM17:00

お食事処 AM11:30頃〜PM15:00頃まで

お食事はランチ タイムのみの営業です。

 

※ヒメマス禁漁期間

6月下旬~7月中旬、11月中旬~翌年4月下旬まで

その期間は塩焼き、天重は提供していますが

刺身、すし、親子めしなどは提供していません。

 

 

 レストラン グルメ  ごはん ご飯 食事 昼食

お食事メニュー


開運ひめます親子めし

軽く酢じめしたひめますの切り身と醤油漬けのひめますのイクラが載っています。

お好みで醤油とわさびを使って食べてください。

ごはんは十和田神社でご祈祷してもらっています。

¥1950

 


ひめます天重

ひめます丸ごと一匹を天ぷらにしています。柔らかくて肉厚のひめますと衣のサクサク感がマッチします。天ぷらにかぶりついてもいいですし、ほぐして御飯と混ぜ、タレを少し追加して食べても美味しいです。サンショをかけて食べてください。

¥1500


ひめます塩焼き定食

ひめます料理の定番メニューです。塩で味付けしてありますのでそのままでも美味しいのですが、レモンを絞って少し醤油をかけて御飯に載せて食べるのが個人的には好きです。単品もあります。

 

定食 ¥1500

単品 ¥900


ひめます刺身定食

新鮮なひめますのみをつかっています。ギュッと噛むと口の中で身がとろけます。目をつぶって食べるとエビでも食べているような気がしてきます。

ワサビとショウガが付きますので、両方の味をお試しください。

単品もあります。

定食¥1750

単品¥1150


ひめます押し寿司

ひめますを押し寿司にしました。添えたワサビをつけてお召し上がりください。

普通のお寿司2カン分の大きさなので、ラーメンと一緒に食べるのとちょうどいいかもしれません。

 

 

押し寿司のみ 2カン¥450

他のお食事メニューとセットでご注文の場合 2カン ¥400


豚なんこつ煮込み定食

北東北では,昔からパイカと呼ばれる豚の軟骨をよく食べます。

この料理はそのパイカを煮込んで柔らかくしたものです。骨も柔らかく、コラーゲンたっぷりです。温泉卵と絡めて食べて下さい。

単品もあります。

定食¥1400 単品¥800

にぼしラーメン

青森のラーメンの発祥は、そば屋から始まった支那そばなんだそうです。そのためか、にぼしのダシを使った油のほとんど浮かない、あっさりとしたラーメンの店が多いです。

当店ではコセキの麺、十和田ガーリックポークのバラチャーシュー、ワダカンの醤油、乾燥メンマ、麩などを使って派手な味付けにはせずに、懐かしくてシンプルな青森のラーメンを提供しています。

¥700


チャーシューメン

スープはにぼしラーメンと同じで、載っているチャーシューに「十和田ガーリックポーク」のバラ肉を使っています。クセになるとろける脂のチャーシューです。

¥950


十和田ガーリックポークカレー

ニンニクを食べて育った豚、それが十和田ガーリックポークです。独特の風味のあるこのお肉のバラを使ったカレーです。スパイスも10種類ほど使っています。

スパイスはカレーが出来上がった後に取り除くようにしていますが、残ることがあります。気になる場合は、よけてお召し上がりください。店主はマレーシア料理店にいたことがあり、ちょっぴりその経験を生かして、日本風のカレーに仕上げています。

店主の好みで辛めにしてしまいました。

¥700


十和田ガーリックポークのカツカレーです。ルーにはガーリックポークのバラ肉とモモ肉を使い、カツにはガーリックポークのロースを使っています。カツのボリュームが結構あるので、小食の方は、カレーにした方がいいかもしれませんね。

¥1200

十和田ガーリックポークカツカレー


十和田バラ焼き定食

牛バラ肉と玉ねぎを甘辛く炒めた、十和田市民のソウルフードです。

 もともとは牛の脂身を美味しく食べるために考案された料理で、赤身などほとんど入っていなかったようですが、今はバラ肉が使われるのが主流となっています。

¥1300




※お食事処はカウンター2席、テーブル席16席の小さなお店です。

昼時に6人以上でいらっしゃいますと、入れないことが結構あります。

また、席数が少ないので予約を受けることもできません。

 

ワンちゃん、猫ちゃんなどペット連れのお客様は、

売店のテーブル席でお食事できます。

(騒ぐ子は遠慮願います。大型犬はちょっと難しいかもしれません。)

 



 

 

 

 

 

屋台メニュー


当店は注文をいただいてから調理しますので、出来上がりまで4〜5分程度時間がかかります。

その間、お店の方でおみやげを見ながら待って頂いてもいいですよ。


きりたんぽ(みそつけたんぽ)

きりたんぽ鍋はよく知られていますが、十和田湖周辺では昔から味噌をつけて焼いたタンポが売られていました。もともとはマタギの携帯食だったという説もありますので、こちらの方が本当の食べ方だったのかもしれないですね。

一本¥250


乙女もち

少し甘さのある串もちに、きりたんぽと同じ甘味噌をつけて焼いてあります。

何で「乙女もち」っていうんですか?とよく聞かれますが、よくわからないんデス(;^ω^)

一本¥200


コンカツ

おからとこんにゃくの粉を混ぜて作った食材が「おからこんにゃく」です。肉のような食感が特徴の食材です。

これに衣をつけてカラッと揚げたものが「コンカツ」です。

2009年頃、店主が自身の婚活の決意を込めて売り始めました。神社の前だし、縁起がよさそうだし。で、この名前に。結果、コンカツは成功しました。

一本¥250

 

 



牛タンつくね

鶏のつくねの中にサイコロ状の牛タンがコロコロと入っています。

二本¥350


五目天

魚のすり身に人参やエダマメ、ひじきなどが入っています。

揚げたては外はカリカリ中はフワフワです。

一本¥250